すごい…と言ったまま、しばらく立ち止った。その迫力は本物だった。