秋の好きな記憶たち

  • レアですよ。
    あ、そういえば、この時良かったよね。 そういう記憶たちを詰め込みます。気ままにね。

素材集

« 無題 | トップページ | 無題 »

自己肯定感

今日は研修で自己肯定感の低い子どもの対応について学んだ。
学校だけではどうのもならない部分も多いため
家庭(とくに母親)に対する関わりも重要になってくる。

最近は高学年を担任することが多いため
自分は愛されている,認められているという感情を持てないまま育ち
思春期に入って突然荒れる場面に出くわすことが多い。

Maslowの欲求階層説にあるように
1.生理的欲求
2.安全と安定の欲求
3.所属の愛の欲求・・・とピラミッドになっているが
2の安全と安定の欲求さえも満たれぬまま成長してしまうため
そこの穴を埋めるのは容易じゃない。
とにかく学校だけでは不可能なのだ。

先は長いけれど
地道に活動を続けるしかないなと思う。
一人でも多くの子どもが
安定した気持ちでこれから先を生きていくために。


ある男の子がよく言うセリフ。
「おれなんて一個もいいとこないし。」

わたしはこの子に
たくさんたくさんいいところがあるのを知っている。

どうやって知らせるかじゃない。
どうやって感じさせるかだと思う。

« 無題 | トップページ | 無題 »

子ども」カテゴリの記事

コメント

まささん
お久しぶりです。お元気ですか?
まささんがどんな障がいを抱えているのかわたしにはわかりませんが,
自己肯定感があって,安定した,安心した気持ちで
毎日をすごすことができているのであれば,
それはなにより幸せなことと思います。

人の幸せは,その人の心によって大きく変わるものだと思っています。
まささんは,きっと幸せなんだろうなと思うと羨ましくさえ思います。

わたしは最近
わたしは今本当に幸せなのかな?って
考えるときがあります。

人生,山あり谷ありですね。

秋さん、お久しぶりです。お元気でしょうか。
私は実は障害を抱えているんですが、自己肯定感
というのはすごくあるんですね。
ですから障害のある知人からは不思議がられます。
というのは、私が知ってる限り障害をかかえると
自己卑下的な発想になっている人が多いです。

自信を持って生きれるのは親の育て方も関係していますが、
それだけで決まるのではないと思います。
自信ってなんでしょうね。私は自分のことを自分で認めている
ことだと考えています。
それが出来れば、世間や他人に承認されなくても平気なんです。
孤独というものが、素晴らしいものになる。
そのうえで人と繋がれたら最高ですね。
孤独を愛することができるというのは自信があるということだと
思います。だから私には障害を抱えている落ちこぼれという
発想がないのです。障害を受容できているので、生きるのが楽です。

私は人と話すときも、この人なら腹を割って話せるなという人
以外あまり関心がないです。
私は男性ですが男性はお互いを認め合う発想が希薄で
友情というより、ライバル関係みたいな感じになってしまいます。
私は友情ってすごく大切と思うんですけどね。

長文失礼しました。

まささん
おはようようございます。
確かに自己肯定感の低い人は
だれかに「それでいい。」と言い続けてもらいたくて
依存する傾向があると思います。

わたしは,職業柄まだ小さい子どもを見続けているので
今なら改善できるのにという気持ちがあります。
10人そのような子どもたいたとして
8人くらいの親がわたしの話に耳を傾け,
3人くらいの親が改善しようと努力してくれるのが現状です。
それでも続けようと思います。
生きにくい人生になっていくからです。

秋さん、返信ありがとうございます。
秋さんは先生をやられてるんですね。
私は教育には関心があります。
子供がいるわけでもありませんが。

私自身の学生時代振り返って、いい思い出ってあまりないです。
私の個人的な体験からすれば、男性の先生のイメージは逃げるに尽きると思います。
女性の先生は一生懸命やられている人が多かったですよ。
いざという時に何にも役に立たないというのが私の男性の先生に対する感想です。

自己肯定感って難しいですね。でもこれはすごく大事ですね。
私は自己肯定感がないと、依存的になる人が多いと思います。
他人に存在を認めてもらうことが人生みたいな感じになってしまう感じです。
私なんかは対人関係はおまけぐらいに考えてますけどね。
長文、失礼しました。

まささん
コメントありがとうございます。

自分が本当に価値のあるものに思えるって
とても素敵ですね。
わたしの周りにも自己肯定感が低い人がたくさんいますが
生育歴や家庭環境が大きく関係しているように思えます。

まささんがいうように
苦しんでいると思います。
生きている価値がないって思ってしまうわけですからね。

わたしはなにができるんだろうと思っています。

はじめまして。
自己肯定感か。
私は現在自分という人間が本当に価値あるものだと思えています。
ですから、他人に認められなくてもなんの支障もありません。むろん、他人から
認められたらうれしいですが。
私の周りにも異常に自己肯定感の低い人いますよ。
私は何回かそういう人に絡まれました。
腹が立ちましたけど、自己肯定感のない人は苦しいだろうなと思いました。
私は特別誉められて育った訳でもありません。自分の自己肯定感は自分
で形成してきたという感覚があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118447/55336553

この記事へのトラックバック一覧です: 自己肯定感:

« 無題 | トップページ | 無題 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ