秋の好きな記憶たち

  • レアですよ。
    あ、そういえば、この時良かったよね。 そういう記憶たちを詰め込みます。気ままにね。

素材集

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

勝ったんだけどね。

昨日ある音楽コンクールに参加して、

どちらの部門でも優勝したんだけどね…

毎年言ってきたんです。

嬉しいのはわかるけど、

すぐ隣には同じように一生懸命練習してきたのに、

悔し涙を流している人だっているんだから、

そこを忘れたらだめだって。

今まで何度かあったんですよ。

学校間でいやーな感じになっちゃうの。

さっきまで仲良く話してたのに

発表が終わったとたんに負けた相手のところにいって

「やったぁ!よかったぁ、勝ってぇ~。」みたいな…(苦笑)

そういう子になってほしくないなって思う。

いくら音楽ができても、人間としてどうだろう…ってことになるでしょう?

そしたらね、

今回、部長もしっかりした子で、後輩にきびしくしてきたもんだから、

発表のとき

「○○小学校です!」とアナウンスの女の人が声高々に発表してくれたのに

微動だにしないの(笑)

声もださない。

表情も変えない。

拍手も小さく。

笑っちゃった。

子どもって素直だなーーーーって。

あとから「嬉しくなかったの?」って聞いたら

「すっごい嬉しかったけど、どうやって喜べばいいかわかんなかったんだもーん。」って。

そりゃそうだ。

喜びすぎたら叱られるしねぇ、

喜ばなかったら「どうしたの?」って言われるしねぇ。

いや、ごめんごめん。

全国大会で優勝したら

思いっきり喜んでいいよって言おう。

こうなったわけ

わたしも夫も、お互いに全然嫉妬をしないわけ。

実は、わたし、過去にいろいろありまして………(笑)

ずっと前のHPには全部書いてあったんですけど、

よく考えてみたら、ここで知り合った方は知らないんじゃないかと。

わたし、小さいころから父親に虐待みたいにされて育っているんです。

その上、お付き合いした彼氏の99%が最後にはDVっぽくなって、

「なんでわたしの選ぶ人はこうなの?」ってずっと思ってきたんです。

自然とそういう系の男の人を選んでいたんでしょうかねぇ。

父親のことは、また今度書くことにしますが、彼氏も本当に大変だった。

最初はみんなとっても優しいんですよ。

でも少しずつ少しずつ束縛がひどくなっていったんです。

「心配だから携帯から男の名前を全部消して。」

「飲み会に行かないで。」

「俺が電話したら○回のうちに出て。」

「俺以外の男と話すなよ。」

「変なやつがいたら困るから札幌に行くな。」

「女友達と温泉?俺とどっちが大事なの?」

「来年結婚するって約束してくれないと死ぬからな。」

「なんで電話に出ないのよ。飛び降りるぞ。」

中には本当に自殺未遂をした人もいて、しんどかった。

なんかね、

自分の生活なんてなかったんです。

彼氏をすべてにしないとならなかった感じ。

「わたし、なんのために生きてるんだろう。」って思ってました。

彼氏と別れても、そのあとストーカーみたいな感じになっちゃって、夜の外出もびくびく。

「殺す。」というメールも何度もらったことか。

だからね、

夫と知り合って友達と温泉に行くって話したとき、

「友達と温泉?いいねぇ。楽しんでおいで。」

と言われて、涙が出そうなくらい嬉しかったんです。

「この人しかいない。」と思った(笑)

何度か聞いたことがあります。

「ねぇ、嫉妬ってしないの?」

「しないさ。ながいなが~い人生をね、一緒に過ごすわけでしょ?それには、信用が一番大事なんだよ。」

「ふうん。そう。」

「そうさ。疑いだしたらうまくいかないもんだと思うよ。ぼくはね。」

「ふうん。じゃ、わたしも結婚しても疑ったりしないでおくね。」

「うん。それでいいのさ。」

というわけで、結婚して10年以上たちましたが、

まるきり嫉妬しなくて、束縛もしなくて、疑ってたとしても口にしない夫婦が出来上がったわけです。

ま、ちょっと変わってるとは思うんですよね。

自分で時々「冷たいなー、わたし。」と思う。

「ねぇ、わたしのこと好き?」なんて聞いてみようかな、とも思う。

でもねぇ。

今さらねぇ。

きっと夫はこういうもの。

「パチンコの次に好きだよ。」ってね。

はりきる夫くん。

夫が「秋さ、英語習ってるでしょ?今は日本人の先生?」と、突然聞いてきた。

「ん?うん。そうだよ。今は日本人の先生。」

「あのさ、韓国人の先生に習ってみたらどうかな。」

なにを突然言い出すんだ。この人は。

「韓国人に?韓国語ってこと?」

「いや違うんだ。韓国人なんだよね。どっからどう見ても。でも英語がぺらぺらなんだよ。」

「どうして英語がぺらぺらなの?っていうか、どういう知り合い?」

「うちの学校のALTさ。女の子なんだ。小さいころからニュージーランドでずっと過ごしているんだって。」

夫の申し出は嬉しかったけれど、今の英語の先生に不満はないし、なにしろ唐突だったのでびっくりした。

「一度会ってみなよ。その先生に。仲良くなれるかもしれないよ。」

「うん。会ってみるのはいいけど、英語の先生を変えようとは今は思わないよ。」

「うん、いいよ。あのさ、焼肉食べに行こうよ。4人でさ。」

4人??

わたし。

夫。

韓国人の先生。

・・・・・・・・

・・・・・・・・

「4人って…あと誰??」

「うんとね、うちの学校にさ、臨時の子なんだけど、英語ぺらぺらの女の先生がいるんだよ。若いんだけどね。明るくてめんこいんだよ。そのALTの先生と仲良くて、いつも英語で話しているんだ。その子も誘ったらどうかな。」

夫はきらきらと目を輝かせて言った。

はーーーーーーーーーーーーーー!わかった!!

おぬし、狙いはその子だな。

あまりにも楽しそうにそのプランを話すので、協力してあげることにした。

「うん。いいよ。じゃあ電話してみたら?23日ならいいよ。」

と言うと、

「わかった!あのさ、おごってあげようよ。若いからお金ないと思うんだ。」

「うん。いいよ。僕がおごってあげるからおいでって言ってみたら?」

「よし!電話しようっと!」

それから彼は、毎日家の掃除をしています(笑)

かわいーよねー。

今日がその日なんだけど、その女の子2人を焼肉に連れていって、そのあと「うちにおいでよ。」って言うんだって。

そして、3人は飲むから(わたしは飲めないので)帰りはわたしが送っていくんですって。

彼のプラン、うまくいくかしらー。

うちに来てくれるかなー。

40歳のおじさんを相手にしてくれればいいけどねぇ。

帰ってきたら報告するねっhappy01

乾燥肌の女性はいませんか~。

毎年冬になると肌が乾燥する感じがして、化粧水をたっぷりつけるようにしていたんです。

でも35歳すぎてからかな。

化粧水をたっぷりつけるだけでは足りない感じがしていたんです。

なんとなく冬になると乾燥じわが目のまわりに多くなる気がして。

そしてそれが、なかなか治らない。

いろんな化粧品を使ってみたのですが、「うん。まあ、前よりは少しいい気がする。」くらいで、「これ!」と思うものには出会えずにいました。

だんだん、「化粧品でなんとかなるレベルじゃないんだわ。老化には逆らえないもの。」と思うようになっていました。

あるとき、卒業生の女の子とこの話をしていたら

「先生!わたしね、イプサで働いているんだけど、絶対うちの化粧品つかってみて。ほんとにいいから。大丸にいるから来てよ!」

と言ってくれました。

その子はすっごい美人で、お肌もきれい。

イプサは使ったことがなかったし、

その子の働いている姿も見てみたかったし、

ちょっと前に会議と会議の合間をぬって行って買ってきました。

もうびっくり。

次の日にしわがはっきりと薄くなっていたんですもの!

わたしが「すぐに効果があった!」とはっきり実感したのは今回が初めてです。

効果があったのは、目の下にあった細かい乾燥じわと眉間のしわです。

http://www.ipsa.co.jp/ec/commodity_param/ctc/me/shc/0/cmc/42274/backURL/http%28++www.ipsa.co.jp+ec+main/detail.html

  ↑

わたしが使っているのはこれ。

似たようなものがあるから気を付けてね。

ちょっと高いけど、高いだけの効果はあると思うなー。

ずいぶん前の話になりますが。

ブログネタ: あなたの「泣ける歌」を教えて!参加数

ある年下の男性に突然告白されたことがありました。

もちろん、お断りしました。

だって、もうわたし、結婚していたんですもの。

そのあと、その人からCDを一枚もらいました。

そこに入っていた曲が小田和正さんが歌っている「言葉にできない」でした。

わたしがお断りしたとき、とっても悲しそうに、でも「そう言われることはわかっていた。」と言ってくれたのを思い出して、なんだかすごく傷つけてしまったような気分になって涙が出てしまいました。

今でもこの曲をCMできくと「どうしてるのかな。」と思い出します。

幸せになってくれているといいけれど。

拍手

お久しぶりです。

とっても忙しくて、とうとう更新できなくなってきました。

夕ご飯を作る時間も体力も気力もなく、

朝も這うようにしておきています。

今日、子どもたちと一緒に歌を歌っていたら、

突然ふらっときてその場にしゃがんでしまいました。

こういうのは初めてで、すごくびっくりしました。

子どもたちが「先生どうしたの?」と聞いてきたので「わらかない。びっくりした。」と言うと、「貧血なんじゃないの?」と。

でも、わたし、貧血にはずっと憧れているんですが、残念ながら貧血ではないと思います。

過労かなー。

夫は「ごはんなんて、作らなくていいよ。」と言ってくれます。

「んーーーーすっごいごめんね。」と言ったら

「君はゆっくり寝てなよ。ぼくはちょっと遊びに行ってくるからさ。」だって。

パチンコ行きたいだけじゃん(笑)

ちなみに今日は3万も負けて「暮らしていけない。」と嘆いています。

ほら、

奥さんを大事にしないから

ばちがあたったのさ。

ふふん。

おはよーございます……

学芸会が昨日終わって、

たましいがぬけてしまったようになっています。

8時に一度目が覚め、

9時半にもう一度目が覚め、

そして11時半に本当に目が覚め、

「まだ寝れる…」と思ったくらい疲れていました。

が、

今日も仕事があって学校に行かないとなりません。

 

 

暗い職員室の中で

ぽつんと

しずかーーーーーに仕事をします。

 

そういえば、この前夜中まで残っていた先生が、

「聞いてくださいよ。夜中の12時半ごろ、突然男子職員トイレの水が流れて、めちゃくちゃびっくりしたんですよ。」

って言ってたなぁ。

 

お化けって本当にいるのかな。

 

やだな。

 

 

 

 

ん・・・・・・・・・ちょっとまてよ。

大量に印刷するものがあるんだった。

よし、手伝ってもらおう。

足はなくても手はあるはずだ。

 

 

 

コネタマの鉄人になってた!

ブログネタ: コネタマの鉄人受賞おめでとう参加数

今日気が付いたらコネタマの鉄人になってた。

ありがたいわー。

こんな好き勝手なこと書いてて賞をもらえるなんて嬉しい。

なんかねー、

この歳になるとねー

賞をもらえるなんてないのよ。

小学生とか中学生のころは

たくさん習い事をしていたからなにかしらもらえるチャンスはあったの。

そろばんとか

エレクトーンとか

習字とか

英検とか

そういったものの級があるでしょう?

それに受かると嬉しかったのを思い出します。

「月謝の無駄だから練習しないならやめなさい!」

「やだーーーこれからはちゃんとするからーーー。」

母親と何回この会話を繰り返したことか。

お母さん、

コネタマの鉄人になったよって

あとでメールでもしとこ。

拍手

ひえーーーーーーー

ブログネタ: “じゃんけん”のときの掛け声は?参加数

「じっけった」ってなにーーーーー!?

「いんじゃんほい」ってなにーーーーーーーー!?!?

生まれて初めて聞いた!!!

どこの地域で使うことば~~~???

………興味津々………方言おもしろい。

でも……わたしに言われたくないか。

なまらしばれてる日に手袋はいて居酒屋に行き、「とうきび」と「ざんぎ」を食べてから家に帰って、次の日の朝には髪もしばらずにゴミ投げに行く。そんな北海道人です。

じゃんけんポンはみんなと同じで嬉しかったんです……すみません。

拍手

「当たり前」でも「ありがとう」

ブログネタ: 人を見て、「これだけはしないでおこう」と思ったことは何?

仕事をしていて思うこと。

女性と男性が半分くらいずついる職場なんですけどね。

今まで何人かの女性で、「ごはん支度あるんで、先に帰りま~す。」とか、「子どもいるから、やりません。できないでしょ、ふつう。」とか、すごく当たり前のように言って、男の人にぽんっと仕事を渡して帰ってしまう人がいるんです。

あと、重たいものを運ばないといけない場面で「え?これ運ぶの??むり~誰か男の人やってくれるんじゃない?置いておこう。」とか言って放置しちゃったりするの。

わたし、そういうのいやです。

絶対に「子どもがいるから帰るのを悪い」とは言っていません。

どんな事情があっても、当たり前という態度をとらずに「すみませんが…お願いできますでしょうか?」「昨日はご迷惑をおかけしました。代わりにやっていただいてありがとうございます。」という姿勢を持つべきだと言いたいのです。

確かに重たい荷物は、わたしだって、運べなくて男性にお願いをしたことがあります。

でもね

「わたしは持てない」→「○○さんは力があるから持てる」→「やってくれて当たり前」→「お願いもお礼もしなくていいよね」

とは絶対にならない。

女性とか男性とか関係なく、人と人が助け合う場面では、お願いやお礼の言葉は必要だと思う。

「当たり前でしょ」という態度は、たとえ夫であってもとらないでおこうと気を付けています。

 

 

 

これ

夫がみたら「うそつき~」って言うかもな…(笑)

参加数拍手

英語のレッスンで。

今日は英語のレッスンでした。

最近は、先生がわたしの英語を直してくれるたびにすぐにノートにメモをしていて、1時間のレッスンでノートが2ページびっちりうまってしまいます。

そしてそのびっちりうまったノートを見ながら、次の週には間違えないように完璧に覚えるようにしていました。

でも、先生がアドバイスをしてくれたんです。

「間違えてもいいから、ノートに書くのをやめて、とにかく話したほうがいいですよ。」

わたしは最初、キョトンとしてしまいました。

間違えてもよくて、ノートに書かなかったら、いつまでたっても間違ったままじゃないかしら?

でも、先生は違うといいます。

間違え方によって、先生が今直したほうがいいと思うものは伝えるし、メモをしてあげるから、あなたはしゃべり続けたほうがいいって。

もし次に同じ間違えをしたら、またそのとき直してあげるから。

そうしていくうちに、次の週には直ってなくても、いつか直るからいいんだって。

インプットじゃなくて、アウトプットを大切にしましょうと。

英語ペラペラの先生がいうのだからたぶんそうなのだろうと思って、今日はほとんどめちゃくちゃ英語のまま、メモすることなく話し続けてみました。

時々先生が直してくれました。

直してもらったうちの、5つくらいのセンテンスは先生がメモをして、最後に渡してくれました。

へぇ。

これでいいんだ。

レッスンのあとに「こんなんでいいんでしょうか。」と聞いてみたんですが、「いいんです。」と言うのでいいことにしました。(笑)

いつか話せるようになるんだろうか…。

勉強になったなーと思ったのは「無視する」とか「避ける」という言い方です。

When I try to talk to her, she is just shunning me.  というフレーズ。

直訳すると わたしが彼女に話しかけるとき、彼女はいつもわたしを避けます です。

「彼女に話しかけても、いつも避けられちゃうんですよねー」みたいな感じ。

よーし、頑張るぞー。

しかしこんなんで準1級なんて受かるんだろうか。

継続は力なりですな。

ワンピース!!

ブログネタ: もしメンバーの一員になるなら、どのアニメがいい?参加数

アニメってよく知らないんです。

子どもがいないので普段は見ないし…。

「となりのトトロ」と「サザエさん」と「アンパンマン」くらいしか知らない。

でもこの中で選ぶとしたらワンピース。

だってね、びっくりしたんだけどね、

職員室で向かい側に座っている女の先生が言ったの。

「うちの弟、ワンピースのスモーカー大佐なのよ。」って。

最初は意味がわかんなかったんですけど、よくよく聞いたらスモーカー大佐の声をやっているのが弟さんなんですって。

すごいと思いません?

突然そうやっていうからびっくりしちゃった。

キン肉マンとかにも出てたよっていってました。

ちなみに全然関係ないんですけど、

うちの妹は、TOKIOの松岡くんと小学校の時に同級生でした。

彼は5年生くらいの時に「俺は東京に行って有名になるんだ。」って言って転校していったそうです。

「あの人、めっちゃ落ち着きなかったよ。いつも先生にうるさいって怒られてたもん。」って言ってました(笑)

世間はせまいねー。

拍手

グアムに行く前の日に風邪…悲しかったぁ。

ブログネタ: “こんな大事な時に風邪引いちゃった”経験ある?参加数

今まで一番ショックだったのは旅行の前日に熱を出したことです。

ほとんどこういう経験がなかったため、油断してました。

普段はありがたいことに、風邪をひくのはだいたい金曜の夜から日曜の夜まで。

土日はぐったりしているけれど、月曜日からはだいたい元気(笑)

2~3年前だったかな。

グアムに行く準備をして、さて早めに寝ようか、という時に「なんだかのどが痛い。」って始まって、夜中には寝ていられないほどの寒気…。

もちろん次の日もぐったりしていましたが、バファリンを飲んで「行っちゃえ!」と強硬突破しました。

でもだめね。

グアムについてからも28度もあるビーチで「寒い…帰る…。」と夫に行って、ホテルに戻って寝ていました。

グアムは何度か行っていて慣れているため、英語のまったくだめな夫も全然平気なもんだから、秋を一人でほおっておいて楽しくショッピング。

しかし、頼むから薬を買ってきてください…と死にそうな声を出して頼んでも「薬を買うなんて、英語じゃないと無理だもん。」とあっさり拒否され、高熱のまま薬を買いにドラッグストアへ。

意識はもうろう。

ものすごい寒気と頭痛。

照りつける太陽。

あい はぶ あ ふぃーばー… あい うおんと さむ めでぃすん。

店員さんは聞き取れなかったのか わっと? と聞き返す。

めでぃすん。

ぷりーず。

めでぃすん。

あい きゃっち あ こーるど かぜです。

めでぃすんください。

その場でしゃがみこんでしまい、店員さんはめちゃめちゃ英語よりもその様子で気が付いてくれたらしいです。

お水と薬を持ってきてくれました。

財布ごと渡して「好きなだけ持ってってくれ。」とばかりにお金を払ったことを覚えています。

4日か5日行ってましたが、ほとんど死んでました。。。

みんな、海外旅行に行く前には、体調管理に気を付けてね。

拍手

ちょっと、戻ってこーーーい。

昨日ね、仕事の帰りにパン屋さんによってたくさんパンを買ってきたんですよね。

前に書いた、どんぐりのパン!

学芸会が近くなってきたから、忙しくて普段は「どんぐり」の開いている時間に間に合わないの。

だから昨日は、ロールパンとか豆パンとかクロワッサンとかそういうやつを大量に買ってきて、冷凍しようと思ったんです。

冷凍する前に、部活から夫が帰ってきたので、

「パン買ってきたよ。明日、試合でしょ?パン持って行ってお昼にする?」

って聞いてみたんです。夫はパンが大好きな人なので、大喜び。

「たくさんあるよ。ほら。」と言って見せると、

「うわ。おいしそう。どれにしよう。まだ冷凍しないで!なに持っていこう…。」と迷っている様子だったので、そのままパンをほおっておいて寝てしまいました。

 

 

そして今日、やっぱり風邪がぬけていないのか、頭がぼーっとしていてすっかり寝坊をしてしまったわたしがリビングに行ってみると夫は玄関にいる様子。

「あ、あき~?もう行くから!俺も寝坊した。14時ごろ帰る!」と言って出ていってしまいました。

ごめん。

朝ごはん用意しなかった。

すみません。

 

と思ってキッチンに行くと

パンが全部ない!!

 

あのさー

昨日選ぶって言ってたじゃーん。

わたしの朝ごはん分くらい残していってほしいよねー。

っていうか、あの人、20個くらいあったパン、全部食べるの??

 

あ!そうだ。まだ外にいるかも!

慌てて窓から車庫のあたりをのぞきこんだら

にっこり手を振ってパンの袋を持ち上げるようにして見せてから

ぶーーーーん……  って行っちゃった。

 

確信犯だ。

 

 

 

おーい!パンを選ぶ時間がなかったからといって、全部持っていくなーーーー!

少しは置いてけーーーー!

 

 

ふむ、しかしなかなかおもしろい夫だねぇ。

 

さて、なんか食べるものさがそ。

 

 

何度めの正直?

何度も今まで失敗しているんですけど、今日からまたダイエットを始めました(笑)

もうだめだ。

ほんの少しずつではあるけれど、確実に体重も体脂肪も増えているんです。

もう今まで何百回も「ダイエットします!」って宣言しているんですが、めげずにまた始めます。

なんかね、小さいころから外遊びよりおうちの中で遊ぶのが好きだったし、運動とは縁のない生活を送ってきているので、筋肉がないのね。

そしてたぶん、代謝が悪いのかもしれない。

今までは「運動する!」っていう目標を立てていたけど、方向をかえてみることにします。

エステのお姉さんと相談したんですけど、新陳代謝を高めるように半身浴をしたり、ショウガ入りの温かいスープ飲んだり、野菜中心の食生活に変えてみようかなって思っています。

なんか、水分をとることがすごく大切みたいなんですけど、いつもお水じゃ味がないからと言って、ビタミンウォーターを飲んだりしちゃうのがだめみたい。

お水か番茶を飲んでみます。

あと、運動もすごく高い目標をかかげていたのでだめみたい。

掃除をするときに大きく身体を動かすのはどうかなってアドバイスをくれたので、それはやってみようと思います。

お掃除は大好きなので一石二鳥でしょう?

さてさて、28.5%もある体脂肪…どうなることやら。

ベスト体重は46キロなので、体脂肪を25%、体重46キロくらいまで落とせるように頑張ります!

今日は野菜を食べて、あたたかい飲み物を飲んで、半身浴をしてみますね。

運動はしませんが。(笑)

こうご期待。

風邪ひいた…。

学芸会前のこんな大切な時に風邪ひいた。

どうしよう。

絶対休めない。

明日も学校に行かないと。

風邪薬もあるし、ショウガとハチミツ入りの飲み物?作って飲もう。

お願い、治って!

引っ越しやだなー。

なんかね、最近金縛りにあうんです。

みなさん金縛りにあうこと、よくありますか?

わたしは疲れているときによくあって、すごく怖いです。

別におばけが見えるとか、そういうことはないんですけど、人の声がするんです。

たとえば夫が「あき、起きな。」って耳元で言ったりとか、お母さんが「ちょっと、そんなところで寝てたら風邪ひくよ。」とか、とにかく起こそうとする。

その声が本当に耳元でするんです。

でも、もちろん夫もお母さんもそこにはいないの。

あまりにもリアルにその声が聞こえるので、なんとなく不気味なのね。

それで「あ。まただ。金縛りだ。」と思って起きようとするんだけど、全然身体が動かない。

夫に声をかけようとするんだけど、「助けて。」が声にならない。

朝起きると、すごく身体が疲れているんです。

そういうことがよくあるのって、なんかちょっと怖い。

引っ越しをして一人で寝るととくにそれは多くなって、部屋に一人しかいないのに、夫の声がするの。

怖いでしょう?

あーーーーいやだなーーーー。

引っ越ししたら、毎日夜が怖い。

なんかいい方法ないかな。

これを保健室の先生に話したら、「寝る前にストレッチしたら少しいいと思うよ。夢も見ないよ。」と教えてくれたので、さっそく今日からやってみます。

同じような体験があったら教えてくださいねー。

南国のビーチ。

ブログネタ: 1カ所限定「どこでもドア」、行き先はどこにする?参加数

北海道に住んでいるくせに、寒いところが大の苦手。

夏が来るのを楽しみにして冬を過ごすのに、北海道の夏は「きたっ!」と思ったら終わってしまう。

海外旅行が大好きで、英語を勉強したくて、暖かいところが大好きで、水平線にしずむ夕日がみたくて、お金も時間も使いたくない……っていうことで、どこでもドアの行先は南国のビーチに決まり。

土曜日の夕方まで仕事をして、ごはん作る前に南国のビーチで夕日をみる。

朝から晩まで雪かきをして、芯まで冷えた身体を温めに南国のビーチで寝っころがる。

夫がパチンコにいっちゃって暇なとき、「ちょっと英会話でもしにいくか。」と南国のビーチに行って ”Hello, I’m Aki. ”と声をかける。

うん。

いいねぇ。

すごくいい考えだわ、これ。

夫は昨日飲みすぎで死んでおります。

居間のソファーで大の字になって寝ております。

掃除機をかけたいけど、起きちゃうと思うとできません。

あぁ。

南国のビーチにポイッってしたい。

拍手

感情的にならなかったとき。

ブログネタ: 【賞品付き】自分を誉めてあげたいのはどんなこと?参加数

わたしはね

常に『感情的にならないで物事を処理しよう』と心がけてるんです。

だから、周りが感情的になっているときに、自分はそうならずに判断できたり処理できたときに誉めてあげたいって思います。

これもカウンセラーのおかげかな。

これは仕事はもちろんのこと、家庭でもそうしようと思っています。

前にここにも書いたんですが、感情のエネルギーってすごく大きいと思うんです。

感情的になると、あんまりいい方に物事が進まないって思います。

たとえば、誰かが感情的になってわたしに文句を言ってきたとします。

昔だったら、感情的になっている相手にのっかって感情的に言葉を返していたかもしれません。

でも、それはもうやめました。

まずは相手が間違っていると思っても「そうですか…ごめんなさいね。大変だったでしょう?」とか、「あら…わたしが間違っていたかもしれませんね。迷惑かけちゃったでしょう?」と一言いって、相手の話を全部引き出してしまいます。

そのほうが相手の感情が収まるからです。

そうすると、まるで自分が損している気分になるかもしれませんが、感情が収まったあとで、「わたしはこう思ってやったんですけど、伝わりにくかったかもしれませんね。」と自分の主張もします。

すると「いやいや、こちらも悪かったかもしれない。ごめんね、感情的になって。」と言ってくれることの方が多いと思います。

もちろん、時には「そうだよ。気を付けてよねっ!」と言われて終わることもあります。

でも、相手は何日かたつと普通に話かけてきます。

心のどこかで「言い過ぎたかな。」「こっちも悪かったのにな。」と思ってくれているんじゃないかって思います。

家庭でもそうしています。

夫はあんまり感情的にならない人ですが、時々「ええええええ?」と思うこともしてくれます。

でも必ず一呼吸おくようにしています。

感情はさらに強い感情を引き出しますし、感情的になると人間関係も崩れてしまったりします。

「ごめんなさいね。」

この一言は負けを認めている言葉だとは思っていません。

この一言は心の広さを表している言葉だと思っています。

人間は人間の中で生活していかなければなりません。

家でも外でも人間とかかわって生きていっているのです。

自分の目指す姿をしっかり持って、誰がなんと言おうと理性的に対処していきたい、常日頃そう思って生きています。

拍手

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ