秋の好きな記憶たち

  • レアですよ。
    あ、そういえば、この時良かったよね。 そういう記憶たちを詰め込みます。気ままにね。

素材集

« ただいま。 | トップページ | 自分が納得できる道 »

理由

「寒くないの?」

スラリと長い足にミニスカートがよく似合う。

「別に。」

目を合わせないように斜め下を見つめる。

「なにがあったの?これ。」

突然色が変わった髪をちょんちょんと触る。

沈黙

沈黙

沈黙

もしかしたら、本人が一番わからないのかもしれない。

沈黙

沈黙

沈黙

「染めてくればいいんでしょ。」

キッとわたしを睨みつける。

「そんなこと言わないよ。」

「じゃ、なにさ。」

「知りたいだけだよ。何かあったんじゃないかって思っただけ。」

本当にそうだった。

心配になっただけだった。

気にしてるのは髪の色じゃない、心だ。

 

 

「キライになっただけだよ。」

「なにを?」

「大人はみんなキライ。茶髪がそんなに悪い?」

悪くない、とわたしは心の中で言った。

 

大人をすっかりキライにしてしまった大人が悪いのだ。

« ただいま。 | トップページ | 自分が納得できる道 »

言葉のチカラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118447/47820859

この記事へのトラックバック一覧です: 理由:

« ただいま。 | トップページ | 自分が納得できる道 »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ