秋の好きな記憶たち

  • レアですよ。
    あ、そういえば、この時良かったよね。 そういう記憶たちを詰め込みます。気ままにね。

素材集

« やらざるをえない状況。 | トップページ | この本を多くの大人に »

自尊感情の低い子どもたち

最近、とても気になる本を見つけた。

わたしが常日頃から感じていた、中・高学年の子ども達に共通して見受けられる問題点が、その本には全て書かれていた。

それは「子ども達の自尊感情の低さ」だ。

今まで1~6年生まで満遍なく担任してきたが、学年が上になればなるほど「どうせ、無理だし。」「疲れた。」「面倒くさい。」「つまんない。」という子どもが急激に増える。

これは、「大人になってきたから」「反抗期だから」では済まされないレベルで増える。

「なにもかも、つまんないよな。」という顔をしている子ども達に、わたしたちは「きみたちの将来の夢はなあに?」と聞く。「夢を持て、希望を持て!」と言う。

子どもにとっては「それどころじゃない。」という感じだろう。

なぜなら、子どもは本当に「疲れている。」し、「自分にいいところなんてない。」と思っているからだ。

できれば、この本をたくさんの大人たちに読んでほしいと思っている。

子どもだけじゃなく、自分のためにも。

あ、その本の正確な題名を忘れちゃった。明日にでもアップします。

« やらざるをえない状況。 | トップページ | この本を多くの大人に »

子ども」カテゴリの記事

コメント

秋さん!
情報ありがとうございました。

早速アマゾンで、購入。
同じ著者さんの本・・・えっとなんだっけか?
そうそう「不安に潰される子どもたち」も注文してみました。

「自分への肯定感」は持たせられるものではなく、自分の中に満ちてくるものなんだろうなぁ〜〜〜。
「認め、誉め、励まして」という言葉がシャワーのようにあふれがちな指導案ですが、実は「一緒に喜ぶ、共に感じる」という姿勢が大事なんじゃないかなぁ・・・と思わされます。

じゅんこさんへ
全然更新できなくて申し訳ありません。学校の近くにアパートを借りて住んでいるので、自宅にもどってきても忙しくてアップできませんでした。
わたしの学校は今、インフルエンザの大流行で大変な状況になっています。幸い重症化する子どもは少ないのですが、学芸会が近いのに学級閉鎖が続いていて、学芸会が実施できるかどうかあやしい状況です。じゅんこさんのところは大丈夫ですか?
お身体にくれぐれも気をつけてくださいね。
本、ぜひ読んでみてください。

本の題名教えてください!
待ってます(o^^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/118447/46476719

この記事へのトラックバック一覧です: 自尊感情の低い子どもたち:

« やらざるをえない状況。 | トップページ | この本を多くの大人に »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ