秋の好きな記憶たち

  • レアですよ。
    あ、そういえば、この時良かったよね。 そういう記憶たちを詰め込みます。気ままにね。

素材集

« 羽ばたこうとしない鳥 | トップページ | ぼくのライブにくる? »

死ねや

いつも足を投げ出して

やる気がなさそうに座って

表情ひとつ変えずにペン回しをしていたRくん

 

彼が顔を上げるようになるまでに

2ヶ月はかかった

彼が笑うようになったのは

夏休みちょっと前だった

 

彼は やっぱり11歳の子どもだった

なんのことない さびしい子どもだった

自分をあきらめてしまった子ども

自分が誰より嫌いな子ども

ただそれだけの子どもだった

 

2月の終わり

Rくんがケンカをした

今となってはもう珍しいことだった

あっという間に前の表情に戻り

周囲の子ども達が凍りついた

 

「死ねや」

とRくんは静かに言った

言われた方もかなり頭にきていたらしく

「お前が死ねや」

と言った

殴り合いになるかと思ったけれど

二人ともちらっとわたしの方を見て

どちらからともなく席にもどった

 

次の日

Rくんの宿題の隅に

「せんせー、おれ だめだね」

と書いてあった

 

一番傷ついているのは

Rくんなのだと思う

« 羽ばたこうとしない鳥 | トップページ | ぼくのライブにくる? »

子ども」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽ばたこうとしない鳥 | トップページ | ぼくのライブにくる? »

2015年1月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ